らんきんぐ。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
笑い要素一切ナシ、真面目一筋でVAPE日記書いてます。

さらみのVAPE日記。

<< Hussar RDTA(Hussar Vapes) | main | Flash Gum/Flash Gum Mild/SxV(LOOM TOKYO) >>
Cherry Blossom Mint Tea(AWT)
0

    こんばんわ、さらみです。

     

    プロベイパーの皆さん、楽しくVAPEしてますか?!

     

    私はブログ消失事件(詳しくはTwitterの私のタイムラインで…)の後、近くの○ま寿司に行ってビールとお寿司をたくさん摂取して、今日も元気にVAPEしております!

    飲んで食べてVAPEして寝る、これが一番のストレス解消法だと今更ながら思い知らされました。

     

    私はあまり趣味で長続きした試しがないので、このVAPEというものがこんなにハマり続けているのが不思議なくらいです。

    やはり不思議な魅力のあるグッズですよね、ちょっと子供の頃に戻れるような、そういう面白さがあります。

     

    mokei_puramo.png

     

    さて、以前にレビューしたさくらティーですが、私の心の叫びが中津川社長(BI-SOの社長さん)にいつ届くかさっぱり分かりませんので、代わりになるリキッドを発見した次第であります。

     

    AWT Cherry Blossom Mint Tea

     

    写真 2018-01-02 21 07 20.jpg

     

    提供はいつもの長野市VAPESTAさんです、毎度おおきに!

     

    パッケージは毎度おなじみ、味の絵をそのまま描いてあるパターンですね。

    分かりやすくて良いですよね、ミントの絵が少々分かりにくい気がしなくもないですが。

     

    写真 2018-01-02 21 07 40.jpg

     

    下にはお決まりのCherry Blossom Mint Teaと書いてあります、これなら納得。

     

    リキッドの色も透明なところをみると、さくらティーを彷彿とさせます。

     

    香りチェック、蓋を開けた段階で確信しました、これさくらティーや…(驚愕)。

    2つ嗅ぎ比べてますが、本当に同じ香り。

    プロベイパー格付けチェックで本物のさくらティーの香りあてチェックがあるとすれば、さすがのG○C○T様も連勝がストップするレベルで同じです、本当に。

     

    さ、問題の味なのですが、そうですね、非常に近しいものを感じます。

    何だか分からない例の「和」感はほぼ同じでしょう。

    ただ、甘酸っぱさは少しなくなり、代わりにミントの清涼感を感じますね。

     

     

    この詩吟に精通する(大嘘)私が、愛に飢えた獣達のために恋に例えて説明しましょう。

     

    さくらティーは甘酸っぱい高校生の恋。

     

    renai2_school.png

     

    CBMTは大学生なりたての少し大人っぽさを帯びた、なおかつ高校生の甘酸っぱさを残した、そんな絶妙なライン。

     

    renai3_young.png

     

    ヤバい、自分で何を言っているのかよく分からなくなってきました(錯乱)。

     

     

    さくらティーとはちょっと違ったテイストですが、相変わらず高貴感はありますので、これは飲み屋のちゃんねえにモテるやつです、間違いないです、はい。

    海外リキッドらしく味もしっかりしていますので、ティー系お好きな方は一度試してみる価値はあるかも知れませんね。

     

    案の定VAPESTAさんはオンラインで販売していないみたいでしたので、お店のリンクだけ貼っておきます。

    あとはテキトーにお問い合わせください、素敵な店員さんが対応してくれますよ!

     

     

    素敵な恋の思い出がある方はぜひクリックしていってくださーい!


    にほんブログ村

    | リキッド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sarami-vprz.com/trackback/25
    トラックバック